• 商品について
  • サイズ・素材
  • お取り扱い方法

能登半島地震対象/くるみボタンセット(ブローチ)


岩手県・大槌町から、能登半島地震被災者へ。

「支援」のバトンを。

対象商品売上の全額を能登半島地震被災地でのボランティア活動に寄付。

岩手県上閉伊郡大槌町にて、「大槌刺し子」を運営する認定NPO法人テラ・ルネッサンス(事務局: 京都府京都市 理事長:吉田真衣)は、2024年1月に発生した「能登半島地震」での被災者支援活動を応援するために、「くるみボタンセット(限定品)を発売。その全額を認定NPO法人カタリバに寄付いたします。

石川県輪島市沖合を震源とする能登半島地震では、約200名以上がお亡くなりになり、今も約1万2000名が避難を余儀なくされるなど、その被害は甚大です。

そのような状況を鑑み、東日本大震災で被災した岩手・大槌からも、支援を届けたいとの声が上がりました。

そこで、2024年1月26日(金)から、大槌刺し子で制作した「くるみボタンセット」(限定品)を販売することにいたします。

その売上全額を、石川県輪島市・珠洲市を中心に、子どもたちの居場所づくりなどの支援活動を行う
認定NPO法人カタリバ」に寄付することにいたしました。
「大槌刺し子」スタッフの佐々木(大槌町在住)は、
「一日でも早く笑顔を取り戻して頂きたい思いで一針ひと針心を込めました。」と語っています。

【寄付】能登半島地震対象/くるみボタン(ブローチ)

SOLD OUT

くるみボタン(ブローチ)